Love&Blueヘッダー.jpg

山口県東部のPADIダイビングスクール
Love&Blueへ

柳井・大島・上関の瀬戸内海ファンダイビング
周防大島町にあるニホンアワサンゴの群生地ご案内します
中国地方では当店だけテクニカルダイバーコース開催中

Cカードとは?

 各ダイビング指導団体のスクールを修了した時にもらう認定証のことです。CERTIFICATION(認定)の
 頭文字のCをとってCカードといいます。
 ダイビングについての基本的な知識と技術を修得したという証明です。
 ライセンス(免許証)と呼ばれることもありますが、ダイビングを指導するのはあくまで民間団体であり
 公的なものではないので正しい表現とはいえません。
 公的なものではないので、Cカードを持たない方がダイビングをしても法律違反にはなりません。
 しかし、ダイビングをするためには知っておかなければならない技術や知識がたくさんあります。
 だから、Cカードを持っていないと基本的には海の中を案内してもらったり
 ボンベを借りたりというサービスを受けることができません。

こわくないの?

 思い出してください。小学生のころ初めていったプールを。
 初めはだれだって不安なのです。
 でも慣れることによって楽しい世界が待っています。

何も持っていないのですがダイビング器材はレンタルできますか?

 常に整備された器材をご用意しています。初めのうちはレンタルを活用していただき、慣れれば器材の購入を検討してください。
 押売も致しませんので、初めての方でも安心してダイビングを始めることができます。

ダイビングって安全なの?

 水の中という特別な環境ですから、100%安全とは言い切れません。
 適切な知識を身に付けていく為に私たちがいるのです、理解して安全にダイビングを楽しみましょう。

水が苦手、泳げないけど大丈夫ですか?

 泳げるにこしたことはございません。
 泳ぎが苦手な理由の多くは「息継ぎができない、息苦しい」という声をよく聞きます。
 それは水に慣れていないことと、不安な気持ちが強いと思います。
 ダイビングはスノーケルやレギュレーターといった道具で簡単に呼吸できるので息継ぎは不要なのです。
 ダイビングを始めて泳げるようになった方も多いのです。
 水に対して苦手意識を無くすために実地講習をするのです、ゆっくりじっくりたのしくレクチャーさせていただきます。

コンタクトレンズ(目が悪い)でも大丈夫ですか?

 大丈夫です。マスクを度付きのレンズに交換する方法もありますし、
 コンタクトレンズを付けていても水の中で薄めで目を開ければ問題ありません。
 ただ絶対に外れないとは言い切れないので使い捨てのコンタクトレンズをお勧めします。

一人でも参加できる?

 ほとんどの方が一人で来店されています。
 一人で来るのは恥ずかしいと思えば、お友達を誘ってみて下さい。
 お友達がダイビングをしなくても大歓迎です。
 ダイビングを通じて新しい仲間ができてきますのでみんなでたのしく遊びましょう。
 いい仲間!いい出会い!

女性の悩み

 日常生活に支障のない程度なら問題ないと思います。しかし、生理痛で薬を服用しないと解消できないような時
 いつもより緊張状態にあって不安を感じる時は無理せずお休みしましょう。生理用品は付けたままで大丈夫です。
 近くにトイレが無いようなところだと、生理用品が取り替えられない場合もありますから事前に確認しておくといいですね。

年齢は?家族で始めたい

 PADIライセンスには、年齢制限があります。
 10歳未満の子供さんについては残念ながらダイビングはできません。
 10歳からは、ジュニアオープンウォーターダイバーというライセンスがあります。
 15歳になると、申請をする事でオープンウォーターダイバーライセンスを取得することができます。
 また、ダイビングのライセンスを取得したいお気持ちはあるのに、「高齢であること」を気にされる方がおられます。
 スキューバダイビングに年齢の上限制限はありません。
 ただし、当店では45年齢以上の方は安全上、医師の診断書の提出を頂いています。
 ですが、ダイビングは年齢は関係なく楽しめるスポーツです。
 タンクを背負って歩くこと、水中でのゆったりとしたフィンワーク(=ばた足)ができる体力があればダイビングはできます。
 60歳を過ぎてからライセンスを取得を目指される方もおられ、3世代同居ならぬ3世代ダイバーもおられます。
 シニア世代の方も積極的にダイビングに挑戦してくださいね!

海外リゾート地に旅行したいのですが?

 ツアーの手配もお任せください。 お客様のご要望をご確認し、お客様にマッチしたツアーのご案内をさせていただきます。

ダイビングシーズンって?

 年中ダイビングは楽しむことができます。
 水温が高くなればウェットスーツで、低くなればドライスーツ(体が水に濡れないスーツ)があり
 その時に合わせた保護スーツを着て快適にダイビングをすることができます。