安全な空気のご提案

Home » セブンシーズ » 安全な空気のご提案


株式会社SEVENSREASではダイバーさまに

安全な空気を使用して頂きたいと考えております!


ダイバーの健康を損ねる危険性のある呼吸ガスの品質にもこだわり
定期的な空気不純物測定検査の実施をお手伝い致します。

綺麗で安全な呼吸用ガスで、より楽しく快適な水中世界をお楽しみください!


空気不純物測定

測定項目
・一酸化炭素・二酸化炭素・オイルミスト・水分

下記は2019年10月24日測定

下記は2019年4月18日測定

空気不純物測定器による公正証書付き試験管の反応模様

一酸化炭素 黄色→黒褐色で検出
二酸化炭素 青紫色→淡桃色で検出
オイルミスト 黄色→淡青色で検出(橙色の反応は水分)
水分 黄色→青緑色で検出

国別呼吸器用空気基準表

測定物質 日本※1
(JIS S 7306)
EU基準
(DIN/EN 12021)
一酸化炭素 20 PPM未満 15 PPM以下
二酸化炭素 1000 PPM未満 500 PPM以下
オイルミスト 着色が認められない事 0.5 mg/㎥以下
水分 530 mg/㎥未満 50 mg/㎥以下
測定物質 アメリカ基準
(CGA`E`: 1997)
カナダ基準
(CSA Z180.1-00)
一酸化炭素 10 PPM 5 PPM
二酸化炭素 500 PPM 500 PPM
オイルミスト 5 mg/㎥ 1 mg/㎥
水分 67 PPM 15.3 MPa以上 : 27 PPM以下

※1日本は、平成13年12月20日廃止、現在自主基準

同業者様に向けて全国からの検査も承っております。
成分検査結果シートと検査証を付けて返送させていただきますので、
ご希望の方はコチラからお気軽にお問い合わせください。

呼吸用ガスの安全点検の重要性について

ダイビングで使用する「呼吸用ガス」の品質について考えたことがあるでしょうか?

当然のことですが、この呼吸用ガスの「品質」が悪いと、健康被害こそ出ないとしても、身体にとって良い訳がありません。

呼吸用ガスの品質が悪い場合、以下の様な問題が出る可能性があります。

・コンプレッサー内のカーボンの増加
  ピストンリングの摩耗等により、オイルの焼けつきによる、カーボンの発生
  放っておくと、オイルがまわりだし、シリンダ等の破損に繋がります。

呼吸用ガスの品質管理をすることで、コンプレッサーの状態を把握でき、未然の修理で、コンプレッサーの破損を防ぐことができ、高額な修理代を払うことが少なくなります。またそのような管理をすることでコンプレッサーを長く使用することができます。


Copyright2021 © 株式会社セブンシーズ All Rights Reserved.
セブンシーズへのお問い合わせはコチラからどうぞ