• 配信記事
  • ブログカテゴリ
    過去の記事

エンリッチドエアーとは

Home » ダイビング » エンリッチドエアーとは

エンリッチドエアーとは

簡単に言うと「酸素の割合が多い空気」のことです。
空気は酸素21%、窒素が約79%で構成されていますが、この構成割合を変え、酸素を空気と混ぜた22%以上の混合ガスを「エンリッチド・エアー」と呼んでいます。その結果、窒素の割合を下げることができ、これが私たちダイバーに大きなメリットをもたらします。


エンリッチドエアーを使うメリット

  • 減圧症になるリスクを大きく減らすことができる。

 エンリッチド・エアと通常の空気との比較

・空気と同じ深度に同じ時間潜るのであれば、残留窒素が少なくなるため減圧症に罹りにくくなる

・肺の窒素分圧が低くなるため、血液から肺にスムーズに窒素が排出されやすいというメリットもあります(特に浮上時)。


具体的には?

  • より長い時間ダイビングを楽しめる。=自分の好きなことが長くできる。

 通常空気でのダイビングとエンリッチド・エアー

(EN32%)を使用したダイビングを、通常空気用を使用して深度18mで計画した場合、1回のダイビングで最大56分の無限圧潜水時間が、エンリッチド・エアー(EN32%)では最大98分となります。

 このように長く潜れるようになるのは大きなメリットですが、安全面を考慮し、余裕を持った計画をたて、エンリッチド・エアーをご利用することにより通常のダイビングのより一層は安全に繋がります。

  • 短い水面休息時間で次のダイビングが可能になる。

ダイビングの間の水面休息時間は、体内に吸収された窒素を排出する大切な時間になりますが、通常の圧縮空気でのダイビングと比較すると、窒素の体内残留量は少なくなるため、実質の水面休息時間は短くなります。

  • 疲れにくい、エキジット後の脱力感が少ない。(個人差有り)

実際に使用している私はガイド業というハードなダイビングを行なっても空気で潜る時と比べ疲れや目のかすみなど効果は歴然の差を感じます。ただし医学的根拠はありませんが、ダイビング中の目の疲れは眼球の酸欠によるもので、とても軽減されます。

デメリット

下記のようなデメリットもありますので注意が必要です。

  • 潜れる深度範囲が厳密に制限される
  • 酸素中毒の可能性
  • 空気タンクに比べてやや高価

エンリッチド・エアーは安全性なの?

決められたルールを守ればレクリエーショナルダイバーも安全に使用することができます。

安全に使用する為にエンリッチドエアーダイバーの講習を受けて下さい

当店のエンリッチドエアー講習はとても好評をいただいております

エンリッチドエアーを使用しての体内における活性酸素の影響
活性酸素は上がるものの体に悪影響を及ぼすほどではない、
上昇したレベルはジョギングをした時と同じ程度であり安全であると
潜水医学で実験発表されています

当店はエンリッチドエアーの普及に力を入れています

たくさんのダイバーの方々に安全で体に優しいエンリッチドエアー を使っていただけるよう、ショップ様にエンリッチドエアー製造設備導入のお手伝いをさせていただきます

導入実績

納品先 内容
和歌山県串本
マリンステージ串本店

エンリッチドエアーナイトロックス,酸素製造設備導入

神奈川県葉山
ダイビングショップNANA

エンリッチドエアーナイトロックス,トライミックス,酸素製造設備導入

沖縄県石垣島
ネイチャー石垣島ダイビングサービス

エンリッチドエアーナイトロックス,酸素製造設備導入

Copyright2020 © Love&Blue All Rights Reserved.
ラブ&ブルーへのお問い合わせはコチラからどうぞ